ニンジャラ シーズン9アップデートでシノビカード『ギャッキョーガード』が追加決定!気になる効果は?

Nintendo Switchの基本無料ゲーム「ニンジャラ」のシーズン8が3月10日で終わり新しいシーズン9がスタートします

シーズン9で新たにシノビカード『ギャッキョーガード』が追加されることが公式Twitterでわかりました

今回はこの『ギャッキョーガード』の性能はどうなのか?

シノビカードの効果はどんなものか?

使用する場合どのようなタイミングか?

おすすめの使い方は何なのか?

を解説していきます

新シノビカード『ギャッキョーガード』

新シノビカード「ギャッキョーカード』
「ギャッキョーガード』の効果

ライフが一定以下で周囲に敵が複数人いる時、ダメージとガムダメージが減少。

効果は4人以上で最大

「ギャッキョーガード』のアシストコード

コスト2

ギャッキョーガード』発動中、相手を倒すと自分のライフが回復する

コスト1

ギャッキョーガード』発動中、ガムシュートのクールタイムが短くなる

コスト3

一定範囲内で3人以上が集まっていると、壁越しでも相手の居場所が表示される

『ギャッキョーガード』はチーム戦で使用するカード

「ギャッキョーガード』の効果は周囲に敵が複数人いる時発動

これは敵に囲まれている状態ということになるのでバトルロイヤルでもそんなタイミングはあるが

明かにチーム戦の方が囲まれることが多いので主にチーム戦での活躍が期待できるカードなのかもしれない。

効果は最大で4人と書いてあるので2人でも発動するのかもしれませんがそれほどダメージ減少してくれないということだと思います。

最大に発揮してこそダメージ減少が感じれる程度だと思うのでやはりチーム戦向き

そしてコスト3の発動条件が周囲に3人以上集まると・・と書いてあるので

これも味方が集まった数なのか敵同士でも集まるとみえるようになるのかはまだ謎ですが

敵の姿が見えるならチーム戦の方が役に立つはずなのでチーム戦向き

効果を発揮するには味方と近づいて行動する

どうしても周囲に味方などがいないと効果が発揮できないのでチーム戦で「ギャッキョーガード』をセットしていてもある程度固まって動く必要がある

いつも固まる必要はないがチーム戦で敵にやられている時、瞬時にカバーに入って味方を助けにいくよう常に気をつけていないと効果はうまく引き出せそうにありません

連携が取れているチームであれば使い道はあるかもしれませんね。

『ギャッキョーガード』おすすめの使い方

「ギャッキョーガード』は敵と味方との乱戦(WNAアカデミーの中心のようなところ)で活躍するケースが多いと思います。

味方にケルベロス、ポップアイが居ればスペシャル「全開フィールド」を貼りながらの乱戦状態に持ち込めれば「全開フィールド」の回復と「ギャッキョーガード』のダメージ減少でライフも減らずに戦えるかもしれない。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。