サンダー嫌いのサンダー嫌いのための最強サンダー対策ポケモン3選

サンダーとは?

環境に常に存在する方も豊富な厄介なサンダー

サンダー撲滅委員会に所属の皆さんこんにちはクロと申します

YouTubeで動画投稿している者です。

いきなりですがサンダーが苦手なんですよ。

今回はいつまで経ってもサンダーがポケモン剣盾のランクマッチの環境の使用率ランキングにいるのでサンダー対策にお困りの方、サンダーを返り討ちにしたい方、サンダーに触れたくもない方に向けて記事を書いています。

サンダーはザシアン対策として序盤は沸いてきたポケモンだったのですが

特性の「せいでんき」でのマヒにかけてくる者も現れたり、実はいろんなポケモンに強いポケモンだったりするおかげで今でも相手のパーティーに入っていることが多いです

何も考えずに初手ダイマックス。いのちのたま持ち、アッキの実。はねやすめ、ほうでん。

やることがわかっていても運要素やら種族値の強さもあってかなり困ってます。

そんなサンダーを返り討ちにできるにもかかわらず積みの起点や他のポケモンにも役割のあるポケモンをご紹介しますので是非参考にして見てください。

サンダーの種族値

HP攻撃防御特攻特防素早さ
90908512590100

サンダーのタイプ

電気

飛行

サンダーの弱点のタイプ

岩×2

氷×2

おすすめのサンダー対策ポケモン

バンギラス

後出しでも受けられる安定感

バンギラスはサンダーのメインウエポンであるダイジェットを半減で受けられる

特性「すなあらし」によって自身の特防を上げた上でサンダーと戦えるのでまず負けることはない

あるとしたらぼうふう連続混乱くらい。

持ち物で「とつげきチョッキ」を持たせればさらに耐久は増してタイプ一致の岩技でサンダーを討伐できる。

禁止伝説の黒バドレックスにも強く出られる点もバンギラスのいいところ

他には弱点が多く抜群をつかれることが多いので「弱点保険」を持たせるのもオススメだが現環境では素早さが遅いため全抜き性能はないかもしれない

バンギラスの種族値

HP攻撃防御特攻特防素早さ
1001341109510061

バンギラスのタイプ

あく

バンギラスの弱点

格闘×4

鋼×2

むし×2

地面×2

フェアリー×2

草×2

水×2

ウツロイド

憎きサンダーは起点にするべし

ウツロイドは素の素早さでサンダーに勝っているため行動が先にできる。

特防も元々高くタイプ一致の岩技でサンダーに強く出られる

アタッカーの育成の場合、メテオビームで特攻を上げつつサンダーを倒し、ビーストブーストで

そのまま全抜きもある優秀なサンダー対策ポケモン。

しかしダイマックスした耐久調整のサンダーにはウツロイドのメテオビームでは一撃では落とせないためいのちのたま持ちのサンダーがゴリ押しダイマックスをしてこないかだけが注意点。

ステルスロックやどくタイプ持ちなので「とつげきチョッキ」を持たせてザシアン対策や起点作成のラグラージやトリトドンなどにも役割を持てるのもおすすめのポイント

ウツロイドの種族値

HP攻撃防御特攻特防素早さ
1095347127131103

ウツロイドのタイプ

どく

ウツロイドの弱点

地面×4

鋼×2

エスパー×2

水×2

ゼクロム

禁止伝説枠での対面サンダーはこいつで決まり

ゼクロムは電気も4分の1、飛行も半減とサンダーにはめっぽう強い

サンダー側に打点がないので引いてくるかねっぷうのやけど狙いくらいしかやることがないので

何も考えずに「りゅうのまい」の起点にできる。

相手のサンダーがダイマックスした場合はダイジェットで半分ほど削られるが「りゅうのまい」後のダイサンダーで返り討ち。

その後のザシアンなども攻撃が1段階、さらにエレキフィールドで威力の増したダイサンダーまたはらいげきは耐えられないのでサンダーを起点に活躍ができる禁止伝説ポケモンと言える。

ゼクロムの種族値

HP攻撃防御特攻特防素早さ
10015012012010090

ゼクロムのタイプ

電気

ドラゴン

ゼクロムの弱点

地面×2

フェアリー×2

ドラゴン×2

氷×2

まとめ

いかがでしたでしょうか?

サンダーは居座るイメージが強かったポケモンですが普通にアタッカーとしても強いので型がわかるまでが厄介ですがこちらもこちらでサンダーを起点などに設定しておくとその後の戦況も有利になるケースが多いので対策をしつつこちらのペースに持っていけるような展開が好ましいです

厄介なので運要素にかけてくるサンダーにはこのくらいしてもしたりないくらいの対策ですが

良かったら参考にして見てください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。